未来に生きる子どもたちとともに

 
〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央8-36 松本ビル502
TEL:045-530-9401
FAX:045-530-9402
 
紙とハサミとえんぴつではじめるプログラミング教材
 
 
 
 すぐプロの特長・使い方
 
 教科・単元に関連付けて実施できるプログラミング学習
 
教科で学んだことを生かしながらプログラミング学習の課題も達成できるように、授業案、板書例、掲示用のマグネット付シートを用意しています。
 
大切なのはプログラミングを通じて「何を学んだか」
 
プログラミング教育は、プログラミングをただ体験することが目的ではありません。大切なのはその学習の時間に何を学ぶかです。
すぐプロはその活動を通じてどのような学びを達成したいかを明記しています。
また、その学びを実現するための授業の流れや板書例、黒板に掲示できるマグネット、および掲示シートを用意しています。
 
 
 パソコンやロボットをつかわずに紙だけでできる
 
パソコンの不調でパソコンを使った学習の時間が十分にとれなかったという経験はありませんか。
「すぐプロ」はパソコンやロボットなどを使わないアンプラグドの教材なので、カードを印刷して児童に配布し、切り取るだけで実施できます。
 
まずは考える。そしてカードを使って試行錯誤するので、パソコンが苦手な児童でもできる
 
プログラミングの第一歩は順次処理と分岐。これを学ぶのに必ずしもパソコンが必須なわけではありません。すぐプロはプログラミングの基盤として必要なプログラミング的思考を養うための学習教材なので、パソコンやプログラミング言語の知識・技術は全く必要ありません。
 
 
 プログラミング的思考からはじめる
 
「プログラミング、面白かった!」で終わってませんか。もちろん興味関心を持つために面白いと感じる活動も大切ですが、学習の時間に学ぶこと、学んだことが明確でなければ他の教科や日常生活に活かすことができません。すぐプロは日常生活や他の教科で学習した内容をプログラミング的思考の観点でみつめることができるようになるための教材です。
 
まずはカードを使ってプログラミング的思考を。
パソコンを使ったプログラミング学習の基礎が学べます。
 
低、中学年の児童の場合、そもそも順次処理や分岐の概念がわかっていない場合も多く、Scratchで直線をかくだけでも難しく感じる児童もいます。カードを使ってプログラミング的思考を学ぶことで、その先にあるパソコンを使ったプログラミング学習にスムースに移行できます。
「指示どおりにプログラムを作ったらできた」ではなく「自分で考えて試行錯誤してできた」をめざすプログラミング教材です。
 
 
教材内容
 

すぐプロ1

 

 

すぐプロ1 教材セット 同梱物

■対応する科目や校内活動

①生活/1年「きもちのよいふるまいを」

②生活/2年「じぶんでできるよ」

③社会/3, 4年「買い物プログラム」

④算数/4, 5年「正三角形をプログラミング」

⑤家庭科/5, 6年「効率のよいカレーづくり」

⑥国語/5,6年「漢字判別プログラム」

⑦外国語活動
 /5,6年「GoStraightプログラミング」

 
 
 

すぐプロ2

 
 

すぐプロ2 教材セット 同梱物

■対応する科目や校内活動

 ①生活/1年「きょうしつについたら」

 ②音楽/2年「リズムをつくろう」

 ③算数/3年「時こくのもとめかた」

 ④算数/4年「コンパスを使った図形」

 ⑤算数/5年「多角形をプログラミング」

 ⑥理科/6年「電気の利用」

 ⑦防災/低学年「はやく、あんぜんになんするには」

            /高学年「低学年に防災行動を教えよう」

 
 
 
 
※外部サイトにジャンプします。
 
 
まずはお気軽にお問合せください!
株式会社教育ネット  → お問合せ窓口
           → お電話 045-530-9401